猫の盆踊り

弟から聞いた話しですが、彼が離島の現場事務所に出張、前夜は宴会で轟沈。朝起きて外に出たら警備員の人が座り込んで頭を抱えていた。「どうしたの?具合悪いの?」って聞いたら「昨晩変なものを見たんです」 「エッ何を見たの?」 彼が見たのは猫が輪になって踊っていたという。盆踊りみたいに手を交互に上げて踊っていた。

(クリックで絵が大きくなります。)

 

 

 

 

奇妙な体験といえば私にもある。深夜4時頃だったと思う。大と小を足しにトイレに入った。いつもであれば車の音が聞こえるのであるが、その夜とても静かでトイレのタンクの水の落ちる音がとてもよく響いていた。まるでお風呂場のような反響音だった。トイレは仕事の合間の気分転換の場でもある。リラックスしていた。そのうちにトイレのタンクの水の落ちる音がメロディーに変わっていった。とても美しいメロディーだ。とても覚えられるメロディーではない。せめて携帯を持って来てれば・・・その後トイレタンクの水音がメロディーに変わることはなかった。

 

 

カントリーギタリスト

ベンチャーズはカントリーバンドとして最初はスタートした。自動車修理工場に夜集まり練習したという。彼らが憧れ目指したのがチェット・アトキンスだ。

しかし、どうしても彼のように弾けない。自分たちにできるスタイルで行こうということが成功につながった。しかしインタビューの中でノーキー・エドワーズはベンチャーズである前に私はカントリーギタリストと呼ばれたいとの発言に私はショックを受けた。成功したのにカントリー・ギタリストへの想い・・・おそらく彼らはチェット・アトキンスだけでなくその頃活躍してたカントリー・ギターの先達たちにも影響を受けたでしょう。レス・ポール、マール・トラビィス、ジョー・メイフィスなどの・・・

では、今のナッシュビルの凄腕カントリーギタリストはというとブレント・メイソンとジョニー・ハイランドが思い浮かびました。彼らはセッション・マンとして活躍してるのですべてのジャンルのギタースタイルをこなせないといけない存在です。普段はジャズでセッションしてブルース・ギターフェスティバルでも演奏し、ジャズ・フェスにも招待されて演奏したり。

おすすめの映画

私の好きな映画はワクワク、ドキドキで展開が早く、見終わってハッピーになれる映画だ。大切な時間をさいて憂鬱な気分にさせる映画は見終わってとても損した気分になる。まぁその前に見るのを止めることになりますけどね。私にとって良い映画は何度も見たくなることも重要な要素だ。 そんな私がおすすめするのが下記の映画です。ストーリーについては話しません。

1. ミッドナイト・ラン・・・・主演 ロバート・デニーロ

2. キューティー・ブロンド・・・・主演 リース・ウィザースプーン

3. 眠れぬ夜のために・・・・  主演 ジェフ・ゴールドブラム ミッシェル・ファイファー

4. オーケストラ・・・・    主演 アレクセイ・グシュコフ フランス映画

5. 6デイズ 7ナイツ・・・・  主演 ハリソン・フォード  アン・ヘッシュ

6. 幸せへのキセキ・・・・   主演 マット・ディモン  スカーレット・ヨハンソン

7. 人生の特等席・・・・   主演 クリント・イーストウッド

犬恐怖症

小学生の頃、夏休みに親戚の家に泊まりで遊びに行った時のことです。近所で遊んだ帰りに空き地を抜けて行こうとしたら4匹の野犬に囲まれてしまいブロック塀を背に恐怖に立ちすくんでしまった。唸り声を上げていまにも襲いかかろうかという構えです。ふと気づきました。右手に持っていた棒きれを、そうかこれが彼らにとって敵意と感じたかも、棒きれをポイと離しました。そうすると彼らは離れて去って行った。これがトラウマで大人になってもずっと犬恐怖症になり、犬が近くにいると立ちすくむようになった。

 

 

 

 

 

ある時知人の愛犬ミニチュアダックスのラブ君がとても人懐っこく、初対面の私にすぐ抱きついてずっと抱っこされることでワンちゃんへの認識が変わりました。飼い主さんに、こんな人懐っこいワンちゃんに育てるコツがあるのかと尋ねると、赤ちゃんの時にいろんな人にいっぱい抱っこさせること! 早速ミニチュアダックスのハナを迎え、毎日10人の全く知らない赤の他人の方に「すみません、この子を抱っこしてください。」を実践しました。効果はてきめん、愛嬌ふりまき過ぎて困るくらいになりましたね。

100803_1826~01

 

いか墨パエリア

お宝楽器がもしかしたらあるかもということで、よくリサイクル屋さんをのぞく。その時見つけたのがパエリア鍋です。本物は鉄製かも知れませんが、これはホーロー製みたいです。サイズは直径40センチくらいで500円格安です。しかも未使用、即購入です。

 

 

 

 

 

冷蔵庫の在庫整理も兼ねて早速準備にかかります。玉ねぎ、ピーマン、冷凍のミックスベジタブルもありました。冷凍のシーフード・ミックス、しめじ、ワンちゃん用のササミを1本拝借(ちゃんと返しますよ!)今が旬の完熟トマト。今回イカ墨パエリアにしたいので、イカ墨液のボトルだけ近くのスーパーに買いに行きました。お米は1合、オリーブオイルでコーティング、パエリアはお米に芯があり、おこげがあるのがおいしいですからね!出来上がりです。イカ墨ですから色はありません。だけどイカ墨のコクのある風味は私好みの味です。


あっと驚きの光景

大学時代の春休みに帰省して家にいたら親戚のお兄さんがタコ捕りに行こうと誘いに来た。海系の遊びは得意ではないが、暇だったので行くことにした。釣具屋さんに寄りタコ突きのモリを買い浜に行った。着いてビックリ、潮が引いた浜の浅瀬に大量の魚がはねていた。50メートル先にサンゴ石が積まれ堰になってて逃げられなくなった魚だった。

(クリックで絵が大きくなります。)

 

 

 

 

堰を作った人だろうか?  お前らとるなよ!!  親戚のお兄さんは小さな声で 何言ってる。ここは皆んなの浜だぞ!! 獲るぞ!! 車からゴミ袋とって来て!! 車から黒いゴミ袋を持ってくると30センチから40センチサイズのチン、ガーラ、エー小だけを選び袋に詰め込みました。1袋におよそ30匹くらい、黒いゴミ袋2袋分ゲットしました。堰を作った人達は巨大なガーラとか大きい魚を取ってましたね。我々は十分過ぎるくらいの量をゲットしたので早めに引き上げたほうが得策です。家に帰ったら母は近所に配るしかないね!という訳で近所の夕食は魚料理になったはずです。