私の好きな凄腕ブルーグラス・マンドリン・プレーヤー

凄腕ブルーグラス・マンドリン・プレヤーは沢山いるのでここは私の好きな凄腕ブルーグラス・マンドリン・プレーヤーということで紹介したいと思います。若い凄腕マンドリンプレーヤーといえば誰もが彼を推すと思います。クリス・シーリー

そして天才少女だったシェラ・ハルもちょっと大人っぽくなりましたがさらにマンドリン・プレイに凄みが出てきました。ブルーグラスの枠を飛び越えていきそうな勢いを感じさせます。

シェラ・ハルの尊敬する師匠アダム・ステッフィー。美しいトーン、具沢山のフレーズ アリソン・クラウスの大ブレイクを支えた一人でもあります。

そしてこの人ジョン・ライシュマンの美しいトーン、メロディーラインを奏でるのはロイドロアーF-5です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です