男(スタミナ)めし

私が疲れた時に食べたくなるのがこれです。コンビーフハッシュとニラ、ニンニクごはん。名付けてコンニラニン・ライス

カリカリ気味に炒めたコンビーフ・ハッシュに大量のニラとカリカリ炒めニンニクをライスの上に乗せたちょっとアジアンチックなめしで大のお気に入りです。疲れてる時の定番料理だ。

 

コンビーフ・ハッシュの缶詰を全部使います。

 

 

 

 

 

サラダ油を敷きニンニクを焼き目がつくまで炒めます。すぐ焼き目がつくので別皿に置いて置きます。

 

 


ニンニクを炒めた油の中にコンビーフ・ハッシュをほぐしながら缶からフライパンに広げ。中火で時々上下返しながらカリカリ気味になるまで炒めます。

コンビーフ・ハッシュ自体に塩味が付いているので香り付け程度で醤油をたらし、旨味調味料も少々・・・


カリカリ気味に炒まったコンビーフ・ハッシュの中に大量のニラを投入します。かき混ぜてニラを油に馴染ませます。熱でニラはすぐにしんなりになります。

 

 

別皿に取ってあったカリカリにんにくをいれて混ぜれば出来上がりです。

 

 

 

 

皿の上に盛ったライスの上に乗せてスプーンでいただきましょう。好みでアレンジを加えてもいいと思います。

 

 

 

 

島らっきょうはテンプラがポピュラーですが、私の好みはサラダ油で炒め、少々の味噌を絡ませ、かつおの削り節をかけて食べる、島らっきょうの味噌炒めでしょうか。

島らっきょうはちょっと多めのサラダ油で炒めます。島らっきょうにサラダ油が回るように軽くかき混ぜます。フライパンには蓋をして中火で炒めます。

焦げ目がつくようにあまりかき混ぜないで蓋をして待ちます。蓋をして炒めると島らっきょうがしんなり柔らかく炒まり焦げ目も付きます。上下を返し、蓋をして炒め、全体に火が通ったら親指ほどの味噌を全体に絡むように散らします。多めのサラダ油は味噌を広げる役目もあります。少々の旨味調味料で仕上げます。

フライパンの火を止め、かつお削り節のパックを振りかけ、素早くかき混ぜ全体に絡めます。これで出来上がりです。

味噌と島らっきょうはベスト・マッチングな食材だと思います。そしてかつお削り節は両方をつなぐバイプレーヤー

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です