ブルーグラス・ギタリスト

ブルーグラス・ミュージックにおけるギターはベースと共にリズム楽器として役割であった。ギタリストが一番重要なリード・ボーカルを担当するためにということもある。ギターをリード楽器に押し上げたのがクラレンス・ホワイトだ

彼のことを知ったのは彼の死後であった。ブルーグラス界のブルース・リーかも・・・当時彼のレコードを聞いてギターを弾くのが嫌になるくらい衝撃を受けた。

そしてクラレンス・ホワイトの後をうけて現れたのがトニー・ライスだ。もはやクラレンス・ホワイト以上にコピーが難しいギタープレイだ。諦めました。

そして現在バリバリのブルーグラス・ギタリスストがブライアン・サットンだ!!

そしてジョッシュ・ウィリアムス、アンディ・ファルコ、クリス・エリドリッジ

日本にもいたことのあるクレイ・ジョーンズ

そしてコーディー・キルビー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です