カントリーギタリスト

ベンチャーズはカントリーバンドとして最初はスタートした。自動車修理工場に夜集まり練習したという。彼らが憧れ目指したのがチェット・アトキンスだ。

しかし、どうしても彼のように弾けない。自分たちにできるスタイルで行こうということが成功につながった。しかしインタビューの中でノーキー・エドワーズはベンチャーズである前に私はカントリーギタリストと呼ばれたいとの発言に私はショックを受けた。成功したのにカントリー・ギタリストへの想い・・・おそらく彼らはチェット・アトキンスだけでなくその頃活躍してたカントリー・ギターの先達たちにも影響を受けたでしょう。レス・ポール、マール・トラビィス、ジョー・メイフィスなどの・・・

では、今のナッシュビルの凄腕カントリーギタリストはというとブレント・メイソンとジョニー・ハイランドが思い浮かびました。彼らはセッション・マンとして活躍してるのですべてのジャンルのギタースタイルをこなせないといけない存在です。普段はジャズでセッションしてブルース・ギターフェスティバルでも演奏し、ジャズ・フェスにも招待されて演奏したり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です